PageTop

全否定はもったいない

自分の中では美術館の絵画も

好きなマンガ、アニメも、

萌え絵も、Hな絵も全部同列です

ちょっと嫌なことを思い出したのでこんなことを書く

昔、音大に行っていた友人がいたのだが

その友人からショックな話を聞いたことを思い出した

その友人の知り合いには音楽はクラシック以外は音楽じゃないという人がいて

クラシック以外の全てのジャンルはジャズだろうがロックだろうが演歌だろうがその他諸々だろうが

完全全否定とのことだった

私は「ああなんて勿体無い考え!」と思ったのをよく覚えている
でもってどんな音楽も結局はドレミファソラシドじゃないかと思った

また音楽に例えちゃったが絵も同じだと思う

だいたい絵の始まりだって壁に描かれた壁画でしょ?

結局線と色の集まりだ、デジタルだろうがアナログだろうがカラフルだろうがモノクロだろうが

そりゃすごいリアルな超写実は素晴らしいし大好きでもありますが

マンガが見たい時はマンガが見たい、マンガの絵アニメの絵が見たい

それもおんなじくらい大好き(最近自分の中での大ヒットはあまりないですが)

もちろん逆もまた然り。

まあ好きじゃないのは仕方ないにせよ。頭っからの全否定は勿体無いなあ。

書きたいこと書いておわり。

来ました週末。


千本桜の色んなverを聴きながらの描きかけ
coolero2.jpg

にほんブログ村 イラストブログへ  blogramのブログランキング 
関連記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gum551.blog.fc2.com/tb.php/125-876f31da